もう一度「噛む」喜びを インプラント治療

インプラント治療とは「インプラント治療」という言葉は、最近ではかなりメジャーになってきました。芸能人をはじめ、多くの方が行われ、失った「噛む」喜びを取り戻していらっしゃいます。ではこの「インプラント治療」、一体どのような治療なのでしょう?

ご自身の歯が失われた場合、現在の歯科技術では、一般に大きく分けて3つの治療が選択できます。

両隣や、近しい歯を大きく削り、かぶせ物を作って、その間に人口の歯を橋渡しのように取り付ける「ブリッジ

取り外し式で、歯と歯茎に力を負担してもらう「入れ歯

骨に直接チタン製のねじを入れることで、歯と同じように噛む力を骨で支えることができる「インプラント

詳しい違いはこちらのページでご説明いたします。どうぞご覧ください。


これらはどれも多くの歯科医師や研究者の方々が、失われた歯の機能を何とか補おうと長い年月をかけて研究し、日進月歩で進化はしてきておりますが、やはりご自身が生まれ持った天然の歯に比べると、それぞれ補いきれない欠点があります。

 

「インプラント」は、失われたご自身の歯の代わりに、骨としっかりと結合する「チタン」という材質でできたネジを、ご自身の顎の骨に埋める治療法です。
骨の中に入れるため、どうしても手術が必要になり、しっかりと骨と結合するまでの時間がかかるため、完成までの時間がかかる点と、保険がきかないため高額になってしまうという2点の欠点があります。

ただし、インプラント治療には、その他の治療にはない、大きな利点があります。

それは、ブリッジや入れ歯治療がどうしてもほかの歯や歯茎にダメージを与えたり、その寿命を縮めてしまうことが大きなデメリットになる中、「インプラント治療」は歯と同じように顎の骨に埋まったインプラント自身で噛む力が支えられることで、現存する治療法の中で唯一「ほかの歯や歯茎に負担をかけない」で噛むことができる治療法だということです。

インプラントとその他の違い

これにより、最も歯に近い噛み応えを感じられるだけでなく、残っている他の歯の寿命を延ばしてくれる可能性も高くなりますし、もちろん歯茎の粘膜の痛みもありません。

「噛める」という喜びとともに、ほかの歯を失うことに対する「予防」にもなることが、インプラント治療の最大のメリットといえます。

 

新枝歯科医院のインプラント治療


新枝歯科医院では、可能な限り安全に、予知性の高いインプラント治療を行うために、コンピューターを用いた最先端の「デジタルインプラント治療」と、高い清潔レベル、安心の鎮静麻酔、妥協しない材料選びなど、多くの特徴を持った治療を行っています。

新枝歯科医院のインプラント治療の特徴1

当医院では、「世界3大インプラントメーカー」の一角で、世界で最も歴史が長い「ノーベルバイオケア社」の最新のシステム(2017年現在)「パラレルCCインプラント」を採用しております。

 

「インプラント」と一言にいっても、作っているメーカーとその中の製品を合わせると、膨大な種類があります。

最近では中国や韓国製のメーカーも増え、それらは製品も安価であったり、有名メーカーのコピーに近い商品も多いためシェアを伸ばしてきています。最も安いものでは、カタログショッピングで購入できるようなインプラントもあり、一流メーカーの1/5程度の価格で購入できることから、安い価格でインプラント治療を行う先生の中には使われている方も多いようです。

 

しかし、大きな問題点として、インプラントはメーカーごと、さらに製品ごとにそれぞれのパーツや手術用の器具、ドライバーが決まっており、ほとんど互換性がなく、そのインプラントを扱っている先生でしかそのインプラントを扱うことができません。

一つの種類のインプラントのシステムを導入するだけでも数十万~数百万円の投資が必要となるため、ほとんどの歯科医院では限られた1~数種類のインプラントのみを扱います。

 

それらは各先生、各歯科医院によって、「製品が安価である」、「有名な製品だ」、などといったそれぞれの選択基準で選ばれているかと思いますが、新枝歯科医院では、インプラント治療を当医院で受けられた患者様とは一生のお付き合いになると考え、以下に上げる4つの選択基準でインプラント製品を選んでおります。(→さらに詳しくはこちら「インプラントを選ぶ4つの基準」

新枝歯科医院のインプラント選択基準

以上の①~④をすべて満たすブランドと製品として、当医院では先述の通り、世界3大インプラントメーカーの一角「ノーベルバイオケア社」の最新のシステム(2017年現在)パラレルCCインプラントを採用しております。

 

この「ノーベルバイオケア社」は、世界で最初にインプラントを造り始め、現在でも世界中で大きなシェアをもつトップブランドです。その社名は設立者がノーベル賞で有名なスウェーデンのアルフレッド・ノーベル氏であることに由来しています。

 

ノーベルバイオケア社とは

最先端技術と多くの臨床成績、世界中に多くのユーザーを持ち、あらゆる症例に対応しうる豊富な種類のパーツラインナップを持つのが最大のメリットです。

その中の「パラレルCC」というインプラントは、術後に問題となりやすい、インプラント周囲の歯肉と骨が減っていくという症状に対応した新しい考え方のインプラントです。

パラレルCCインプラント

「プラットフォームスイッチング」というシステムを採用した特殊構造により、インプラント周囲の組織を守る最新の製品になります。

 

新枝歯科医院のインプラント治療の特徴2

手術は誰しも怖いもの・・・実際インプラント治療は受けたいけれど、二の足を踏んでしまう原因に、手術が怖いからとおっしゃられる患者様は多いです。

その恐怖をやわらげ、「気が付いたときにはオペが終わっている」環境を提供する為、当医院では「笑気鎮静法」、またはオプションで選択いただける、麻酔科医を招いて行う「静脈内鎮静法」のどちらかの元で必ずインプラント治療を行います。

 

「鎮静麻酔」とは少しうとうとするような、眠る直前のぼーとした状態で手術を受けられるようにする処置の事で、全身麻酔とは違います。完全に眠ってしまうことはなく、治療中に会話することもでき、お口の中の局所麻酔と併用することで痛みもなくスムーズに治療を進めることができます。

 

笑気鎮静法」は世界的にも歴史の古い鎮静法で、人体に無害な「笑気」というガスを高濃度の酸素に混ぜて吸っていただきながらオペを行います。メリットとしては吸うのをやめていただくと数分~数十分程度ですぐ元の状態に戻り、そのままお車を運転することも可能なことと、鎮痛効果もあることです。

笑気鎮静法

 

静脈内鎮静法」は、専門の麻酔医の立ち会いのもと、点滴によって小量の全身麻酔薬・抗不安薬を投与し、少しウトウトし、リラックスした状態になってから治療を行う方法です。

麻酔科医が常時全身状態の管理を行ってくれているため安心です。笑気に比べ、少しリラックス度は高いことが多く、また、術中の記憶はほとんど残らないのも手術の怖い患者様にとっての大きなメリットです。

静脈内鎮静法

 

新枝歯科医院では、これら二つの方法のうちから患者様に選択していただき、できるだけ快適に、手術の怖さをなくし、痛みもなくリラックスした状態で手術を受けていただけます。

 

新枝歯科医院のインプラント治療の特徴3

人の骨の形や、その中を走る血管や神経の位置は人それぞれ大きく違います。また、それまでの虫歯や歯周病の影響などによって、骨が大きく失われていることも少なくはありません。

通常の歯科治療で撮影するレントゲン写真では、2次元でしか把握することが出来ず、その奥行きや、立体的な位置関係は把握できません。

 

現在でも多くの歯科医院でレントゲンだけでのインプラント手術は行われているようですが、新枝歯科医院では、可能な限り事故や失敗を避けるため、CTの撮影を必須とさせていただいております。(撮影は当医院に最新型のCTがある為、診療中に撮影可能です)

 

また、インプラント埋入後、どのような形の歯を造り、その歯はどのようにかみ合い、どのような見た目になるかまでを専門の業者とともにプランニングし、可能な限り理想に近い設計でインプラント手術をおこないます。

CTプランニング

 

新枝歯科医院のインプラント治療の特徴4

インプラント治療にとは患者様の限られた顎の骨の中にチタン製のねじを埋めていくオペです。
骨の中には大切な血管や神経が走っていたり、空洞があったりすることはよくあることで、それらを事前に知るために当医院では先述のようにCTの撮影を必須とさせていただいております。

 

撮影したCT上で、神経や血管との距離、骨の厚み、幅などを確認し、危ないところを避けた適切なところにインプラント埋入計画を立てます。
・・・しかし、それを埋めていくのは結局人間の手です。

 

人間の手は機械と違って容易に誤差を生んでしまうもので、どれだけ達人が手術したとしても、人間が行うことである以上わずかとはいえ誤差が出るのは当たり前です。論文によると、フリーハンドで埋入する場合、平均して1.5mm~2mm程の誤差が出るようです。

インプラントのようなミリ単位以上の正確さを求められる処置には人間の手は本来は不向きなのです。

 

そこで当医院では患者様の口が開かないなどの一部の症例を除き、可能な限り安全な手術を行うため、最新の「ガイドオペレーション」でその欠点を補います。(口が空きにくい患者様でも、「サージカルステント」というそれに代わる器具を用いて可能な限り予定に近い手術を行います)

 

事前にお撮りしたCT画像からインプラントを埋入する位置を正確にプランニングしたものをデータ化し、3Dプリンターで「サージカルガイド」を作成します。

 

サージカルガイド

 

その「サージカルガイド」をお口の中に装着した状態でオペを行うことで、CT上で設定した通りの位置にインプラントを埋入することが可能となり、大きな失敗を避けられたり、成功率を高め、その後の被せ物なども作りやすいプランニング通りの位置に埋入が可能となります。 このガイドを使ったオペの誤差は論文的に0.3mm程度に抑えられることが判っています。

このように、人の手ではいかんともしがたい誤差やエラーを、パソコンやCADCAM技術といったデジタル機器の力を活用し、可能な限り減らしていく最先端の「デジタルインプラント」を新枝歯科医院では行っております。

 

新枝歯科医院のインプラント治療の特徴5

インプラントのオペは、抜歯などのその他の手術と比べて、さらに厳密で高い清潔レベルが求められます。

 

それは人体に「異物を入れる」という行為はほかの医科の手術でも珍しい行為だからです。チタン製のインプラントは確かに生体親和性は高いですが、細菌などが一緒に入ってしまうとうまくくっつきません。

しかし、専用のオペ室の完備、術者、介助者を完全に滅菌レベルの装備をする、通常の滅菌機に入れると壊れたり溶けてしまう道具の使い捨て使用や、専用の滅菌水の導入などなど・・・と、「清潔」にはとても高い費用が掛かるため、一般の診療の合間に、いつもの診療と同じレベルの「清潔」でインプラントオペを行う歯科医院は多いです。

新枝歯科医院では、「いつもの診療」から「水にまでこだわった世界レベルの清潔」を心がけておりますが、(詳しくは➡水にまでこだわった清潔)インプラントオペの場合はさらに、少しでもオペの成功率と、患者様にご安心いただくため、総合病院にも匹敵するレベルの清潔環境でオペを行います。

新枝歯科医院の清潔基準

 

空気までこだわった専用のオペ室で、院長はもちろん、オペに入るスタッフも完全滅菌装備で行い、器具も完全滅菌、またはディスポの物を使用しております。

 

新枝歯科医院のインプラント治療の特徴6

インプラントと一言に行っても、その難易度は患者様ごとに全く異なります。激しい歯周病や、長期間合わない入れ歯を使用されていた方などは、インプラントを埋めたくても、ご自身の骨が失われ、それに適応できるほど残っていない事もあります。

 

そのような場合には、骨を造る、特殊な方向に埋入するなど、難易度が格段に高くなってしまうこともあります。

 

また、インプラントに限らず、オペにはやむを得ない偶発症・合併症が起きることや、内臓や血液などのほかの病気により、一般開業医の設備ではオペをするには手に負えない全身状態の方もいらっしゃいます。

 

新枝歯科医院の院長は香川県立中央病院・歯科口腔外科の研修登録医として3年前~現在まで数多くのオペに参加しており、そのため難易度の高いオペ、全身疾患などの理由で、より高度な全身管理が必要な方や、術後合併症の対応は中央病院との円滑なコンビネーションで対応することが可能です。

県立中央病院歯科口腔外科

 

新枝歯科医院のインプラント治療の特徴7

あらゆる分野でそうであるように、インプラント治療のかぶせ物作成にも「専門家」がいます。
インプラントに使用するかぶせ物は、一般の歯科治療で行われる詰め物、かぶせ物などとは全く違うレベルの知識と技術が必要であり、ご自身の歯とは異なった専門知識が必要なことも多いです。

新枝歯科医院のインプラント治療では、インプラント治療はオペだけでなく、その後のかぶせ物までハイクオリティなものを求めるため、インプラント専門の技工士とのチーム医療を行っております。

 

Art & Sucuience社

香川中央病院のインプラント補綴物を一手に引き受け、香川大学病院をはじめ、香川県の多くのインプラント症例を手掛けるインプラント・自費治療専門の技工所。

アート&サイエンス社

社長兼No.1技工士の植村氏とDr.新枝は勤務医時代より6年以上現場でタッグを組んで多くの症例を手掛けてきました。

 

インプラント治療の流れ
インプラントをできる身体かの検査

インプラントの生着率(骨としっかりくっつくか否か)は概ね97%と言われています。つまり100本に3本くらいの確率でくっつかないことが起こりますが、この確率は糖尿病・喫煙・その他の病気等により下がります。

定期的な健康診断を受けていない方は、ご自身を健康だと思っていらっしゃいますが、実際には沈黙の病気を抱えている方もいらっしゃいます。

それらの病気によってはインプラントより先に入院や処置が必要な方もまれにいらっしゃります。

新枝歯科医院では、より安全に手術を行うため、またできるだけインプラントがくっつく確率を上げたり、オペ中やオペ後の感染予防やリスクを下げるため、インプラント治療を行う方には事前に内科の先生のもとで血液検査と心電図検査を行っていただいております。
血液検査からは様々なことが判ります。

骨の状態の確認~CTの撮影

先述のとおり、インプラント治療において、最も大切なことは事前のプランニングです。

そのために必要不可欠なものがCTのデータです。

CTを撮影することにより、患者様の骨の状態を輪切り状に見たり、立体的に知ることができ、レントゲンではわからない骨の厚みや、中に通っている神経の位置などを知ることができます。

レントゲンだけでは正確な情報を得ることができないため、多分に勘に頼った手術にならざるを得ません。
新枝歯科医院では、最新型の低被爆CTを装備しておりますので、院内にて撮影が可能です。

プランニング~パソコン上での模擬手術

CTから得た情報を専用ソフトにて分析し、神経などの位置や骨の形などから、どこに何本、どの長さのインプラントが入れられるかを調べるのはもちろん、お口全体と、残っている歯の状態から、インプラントが入った後のかみ合わせや、将来ほかの歯がどうなるかまで考えてから埋入をしなければ、入ったその時は大丈夫でも、いつか後悔することになりかねません。

また、インプラントはチタンでできていて、特殊な処理が施されているというだけで、基本は一般のネジと変わりません。

ですので、一般的なねじ同様、かけられる負担は決まっており、それを超える力がかかり続けると、折れたり壊れてしまいます。

イメージしていただくなら下の図のような橋が判りやすいかと思います。
同じ重量がかかることが予測される橋ですが、一方の橋Aは十分耐えられるだけ土台を作りました。もう一方の橋Bは費用を抑えたくて、本来必要な本数から何本か土台を間引いて建設しました。

二本の橋

インプラントも同様です。噛む力は女性でも体重~100キロ近くもかかるといわれています。そのような強い力が毎日かかるものを耐えられない構造で作ると必ず問題が起こります。

長期間耐えてくれるだけの本数やサイズを事前にプランニングする必要があるのです。

そして、骨の中の大切な血管や神経、空いている空洞の位置や距離などを計測し、それに合った「手術用(サージカル)ガイド」を作成します。これにより、プランニングした通りの位置にインプラントを埋入することができます。

術前の処理と手術用ガイドの発注

オペを幾ら清潔な環境で行っても、お口の中が細菌でいっぱいでは手術はうまくいかない可能性があります。

インプラント手術の成功率をできるだけ上げるため、手術の前に、お口の清掃や、ほかの歯にある処置が必要な虫歯、歯周病の治療を行います。

また、インプラント前に骨が足りない場合などは事前に骨を作るなどの処置をこの段階で行うこともあります。

また、オペの2週間以上前までに、先述の手術用ガイドを専門の機関に作成依頼します。

1次手術~インプラントの埋入~

インプラントをお口の骨の中に埋入する手術です。
患者様の安心の為、専門の麻酔科医の元で鎮静麻酔を行い、半分眠ったような状態で処置を行います。

この時は基本的にほかの治療の患者様はシャットアウトし、インプラントオペにのみ集中した環境下で処置を行います。

この後インプラントが骨としっかりとくっつくまで3~6か月(骨の状態により期間は変わります)安静にします。

2次手術~インプラントを使える状態に~

骨としっかりくっついたインプラントを、かぶせ物を作っていけるように歯肉から出してあげる手術です。

一般的に埋入する一次オペよりさらに低侵襲な手術の事が多いです。
必要に応じて歯茎のお肉や骨を作る処置を行うこともあります。

※患者様の1次手術時の骨の状態などにより、2次手術は不要の場合もございます。

補綴物(被せ物)の作成

インプラント専門の技工士の立会いの元、インプラントにつけるかぶせ物を作成していきます。

必要に応じて、何度か仮の歯を作成し、かみ合わせや見た目をチェックしていくこともあります。患者様と相談しながら、見た目、強度、構造等の観点より、それぞれの症例に最適な材質も決めていきます。

 

インプラント治療の費用

インプラント手術は患者様によって、また、埋入する部位により、現在の状態、骨や歯茎の肉が残っているか、見た目にかかわる部位か否か、かみ合わせなどにより、難易度や必要な処置が変わるため、それら多くの要素の組み合わせによって費用は変わります。

ベーシックインプラント治療は一般的な治療にかかる費用です。

オプション治療は骨や肉を造るといった、特殊な処置が必要な場合に必要になる費用です。

ベーシックインプラント治療

・カウンセリング費用:¥0

無料です。ご納得いただけるまでご説明ご相談いたします。
(2回目以降の長いご相談は当医院の昼休み等のお時間にお受けいたします。)

・鎮静麻酔

①笑気鎮静麻酔:¥30000

②静脈内鎮静麻酔:¥90000
(※②には麻酔科医招聘料、麻酔科医診察料を含みます)

患者様に①か②のどちらかを選択していただきます。

・インプラント埋入用器具(サージカルガイド)作成:¥55000
(※1~4歯欠損までこのお値段です。)

・一次オペ(インプラント埋入手術):¥160000/本

・二次オペ(インプラントを肉から出す手術):¥56500/本
(※患者様の骨の状態が良好な場合など、症例により二次オペは必要ない事もあります。)

・上部構造作成(被せ物を作成する費用):¥170000~/本
(※患者様の審美的・機能的要求に合わせたくさんの材質をご用意しております。また患者様の骨の状態や、失われた歯の本数、部位などにより使用するパーツが増えるため価格は患者様ごとに変わります。 )

オプションインプラント治療

骨や歯肉が少ない場合など、そのままの状態でインプラント手術を行うには難しい場合や状態が悪いときに、それぞれの状態に合わせて行います。

・ソケットプリザベーション:¥30000
インプラント予定部位の歯を抜くときに、少しでも骨が減ることを避けるために行う処置です。

 

・歯牙珽出:¥30000
インプラント予定部位の抜歯予定の歯(保存不可能な歯)を特殊な処置により数か月の期間をかけて抜くことで、骨の量を増やす処置です。

・小規模骨造成:¥70000~100000

インプラント予定部位に少量の骨が足りない場合に行います。
足りない骨の量や形態により費用が変わります。

・大規模骨造成:¥200000
インプラント予定部位に多量の骨が足りない場合に行います。
特殊な材料や手術が必要です。

・歯肉造成:¥50000
インプラント周囲に適切な量、厚みの歯肉がない場合に行います。

※CT撮影料・専門業者とソフトによるプランニング費用はここには含まれておりません。