小児歯科
INDEX 各目次をクリックするとご覧になられたいところへスクロールします
  • 子供と大人の虫歯の違い
  • 新枝歯科医院の小児歯科
スマホ・携帯用ページでご覧になるにはこちら
子供と大人の虫歯の違い

子供の歯は生え変わるから虫歯なんか放っておいても大丈夫!!

そんな風に考えてはいらっしゃいませんか?
また、生えてきたばかりの大人の歯が、私たちの成人の歯と同じだと思ってはいらっしゃいませんか?

 

子供の歯は確かに生え変わりますが、大きな虫歯になってしまっていると、後から生える大人の歯にも悪い影響を及ぼしてしまいます。
具体的には
子供の歯が大きな虫歯になると

などといったことが起こります。

 

また、生えたての大人の歯(永久歯)は顕微鏡レベルでは小さな穴だらけで、何年もかけながらそこに唾液中からカルシウムや、フッ素などを取り込みながら、我々成人の歯として完成していきます。


それまでの永久歯は虫歯菌の酸に対してとても弱く、少しのことで簡単に虫歯になってしまいます。子供の歯と大人の歯の違い

 

そして、特に低年齢(6歳前後)で生えてくる初めの大人の奥歯(第一大臼歯)は大人になってからも咬合のカギとなる歯(キートゥース)といわれ、まだ自分できれいにできない年齢で生えるため、適切に守ってあげないと簡単に虫歯となってしまいます。


かみ合わせにとって、とても大切な歯であるにもかかわらず、セルフケアが難しい低年齢で生えてしまうため、虫歯リスクが極めて高く、これが虫歯になったことがきっかけで、現在成人になってかみ合わせで悩んだり、この歯を失ってしまったことが引き金となってほかの歯がどんどんダメになっている方は数多くいらっしゃいます。

 

子供の歯だからどうでもいいのではありません。子供だからこそ大人以上にしっかりとした親と歯科医院の連携とケアが必要なのです。


歯はあなた方ご両親からお子様へと渡された大切なプレゼントです。
そしてそれは産み渡すだけでなく、その後お子様自身でケアできるようになるまで守ってあげることで、一生続くおいしいお食事、全身にまでわたる健康、美しい笑顔、幸せな人生といった最高のプレゼントとなるのです。子供の歯は親からのプレゼント

 

それでは新枝歯科医院で行われている小児歯科のシステムと特徴についてお話いたします。

 

新枝歯科医院の小児歯科

「歯医者=痛い=怖い」の方程式を壊すために

当医院の治療は最新の電動麻酔器、麻酔薬保温機等を駆使した無痛治療を心がけており、(→無痛治療)初めて歯科治療を受けたお子様にも痛みからくる恐怖を可能な限り取り除きます。

 

すでに他医院にて歯科は痛いところだと刷り込まれたお子様の中にも、予想外に痛みが少なかったことで歯医者嫌いを克服された方もいらっしゃいます。

 

スタッフにもお母さんが多いから安心

当医院のスタッフはその半数以上が「自身も子を持つお母さん」から構成されています。

小さなお子さんのお相手は院長以上にお手の物。お子様の心をつかむことにも長けています。

 

「怖い歯医者さん」のイメージを覆す「SF映画に出てくるような近未来的な医院」

当医院のデザインテーマは「近未来的な美術館」です。

院長自ら多くをデザインした当医院は、「歯科医院を作るから患者様が怖がるのだから、歯科医院の機能をもったまったく別の建物を作ればいいじゃないか」という発想のもと、7年の構想と2年の設計期間をかけて生まれました。


お子様や歯科恐怖症の方も、まったく歯科医院らしくない、まるで近未来のSF映画やそれに出てくる宇宙船のようなデザインは、歯医者に来てしまったことを忘れさせ、まるで別世界に遊びに来たような錯覚を覚えさせます。

 

可能な限り神経を残す治療

先述のとおり、生えたての大人の歯は弱く、虫歯にとてもなりやすくて進行も早いです。


しかし、早い段階で神経をとってしまったら、その歯の強度は十分の一程度になってしまい、折れたり割れやすくなることで、その寿命も大幅に縮んでしまいます。そして若いころ失った歯1本のために、どんどんかみ合わせが壊れて行ってしまいます。


当医院では(成人の方にもですが)特殊治療を行うことで、可能な限り神経を残すように試みます。


フッ素を基軸にした虫歯予防

子供の歯・生えたての大人の歯にとって、一番の虫歯予防は正しいフッ素の使用です。

歯磨き指導や、お母さんの仕上げ磨きの方法なども一緒にお話しや練習は致しますが、フッ素は歯の材質自体を虫歯の出す酸に強いものへと変化させてくれるため(ハイドロキシアパタイト→フルオロアパタイト)、どれもフッ素の効果には勝りません。


ご家庭でフッ素入りの歯磨き粉を使っているよ!!と言われる方も、正しく使えていないため、実はその効果がほとんど0になっていらっしゃる方が多いのが実情です。


当医院では医院内でのフッ素使用も一般の歯科医院で行われているよりさらに効果の高いフッ素トレー法を採用し、また、ご家庭でのフッ素の正しい使い方も併せてお話しすることで、お子様の歯を虫歯に強く、長く健康な状態で維持するお手伝いをさせていただきます。

小児矯正治療

子供のころ崩れた歯並びは、早期に手を打たなければ、顔がゆがむ、虫歯や歯周病になりやすい歯並びになる、大人になって直すには顎の骨を切ったり大切な歯を抜歯するリスクが上がったりと、生涯にわたる多くのデメリットを生みます。


当医院では、矯正をご希望の患者様には、提携病院の香川県立中央病院にて専用レントゲンを撮影していただき、分析後、矯正専門医とのカンファレンスを行い、将来のリスク、難易度(将来骨切り等のハイレベルな矯正が必要になる可能性等)を判断していただいたのち、当医院で行うケースと、提携矯正専門病院にご紹介するケースとに分けて治療させていただいております。