膿胞・扁平苔癬・エリテマトーデス・・・離れた場所にも!?本当は怖い金属アレルギー
INDEX 各目次をクリックするとご覧になられたいところへスクロールします
  • 金属アレルギーの症状
  • なぜ発症するのか
  • 起こしやすい金属とは
  • 歯科の金属は安全か
  • 金属アレルギーの予防
  • 金属アレルギーが疑われたら
スマホ・携帯用ページでご覧になるにはこちら
金属アレルギーの症状とは

金属アレルギーには局所型(金属がふれた部分に起こる)と、全身型(金属がふれているところではない、別の場所にアレルギー症状が出る)の2種類があります。

 

局所性では、歯科金属がふれている頬や口の粘膜や、ピアスやネックレスなど、アクセサリーを付けた部分の皮膚に、痛み、かゆみ、炎症、湿疹などが出たり、舌の場合味覚がおかしくなったりします。具体的には水疱、膿胞、扁平苔癬などが起こります。

局所性の金属アレルギーの起こるところ

全身性の場合、皮膚や粘膜から取り込まれた金属イオンが腸などに行き、血流にのって散布され、遠隔の皮膚などで症状を起こします。

全身性の金属アレルギーが起こるところ

有名な物に掌蹠膿疱症という、手のひらや足の裏に水泡が出来る疾患や、エリテマトーデスなどがあります。

 

これらも、金属を身に付けなくしたり、口腔内の金属を取り除くことで、快方に向かう例も少なくはありません。

金属アレルギーはなぜ起こるのか

金属アレルギーとはどのようにして起こるのでしょうか。

 

そもそもアレルギー症状とは、「自分の体とは違うもの」に対して身体が拒絶反応を起こす事で起こる、免疫反応の暴走です。

 

本来は体内に入ってきた異物や細菌などをやっつけてくれる免疫ですが、我々にとって敵ではないものを、敵だと認識して過剰に攻撃してしまうため、身体に様々な不具合を生じてしまいます。

 

身体から出る汗や体液により、身に着けている金属がイオンとして溶け出してしまい、皮膚や粘膜のタンパク質と結合することで、この「自分の体と違うもの」が出来てしまい、これに対して身体が拒絶反応を起こす事によって金属アレルギーは発生します。

 

同じ金属を身に着けていても、金属アレルギーを発症する人と、発症していない人はいますが、これは許容量の違いであり、発症していない人が絶対これからも発症しないとは言い切れません。

 

すこし例を用いながらわかりやすくご説明しましょう。以下の写真をご覧ください。

グラスの例

 

ここにAさんとBさんのコップがあります。Aさんのコップは小さくBさんのコップは大きいですが、どちらにも同じようにジュースを注いでいくと、当然Aさんのコップはあっという間にいっぱいになってあふれ出てしまうでしょう。しかし、Bさんのコップにはまだまだ余裕があります。

Aさんのグラス

しかし、だからといってずっと注ぎ続けていればいつか必ずBさんのコップからもあふれ出るときが来てしまいますよね?

 

金属アレルギーのなりやすさもこれとよく似ています。許容量まで取り込み続け、あふれ出たときに発症し、その後はその金属は体内に入るたびに毎回アレルギー反応が出てしまうのです。

 

生まれ持ったコップのサイズ(許容量)の違いによってすぐになってしまう人と、許容量まで余裕がある人との違いがあるだけで、コップが大きい(許容量が多い)人でも、いつその限界を超えてしまうかなど判りません。今なっていないからといって、明日ならない保証はどこにもないのです。

どのような金属が金属アレルギーを起こしやすいのか

金属はそのままではアレルギーを起こしません。何らかの原因で金属が溶け、陽イオン化したものが皮膚や粘膜のタンパク質と結合して起こるからです。

 

つまり、イオン化しづらい金属は、仮にその金属にアレルギーを持っていたとしても、溶けにくいためなかなか起こりません。

 

また、陽イオンになりやすい金属の中でもアレルギーを起こしやすい物と、そうでないものがあります。

金属アレルギーを発症しやすい金属

具体的にいうと、

ニッケル、コバルト、クロム、パラジウム、水銀など

・・・アレルギーなりやすい

スズ、銅、カドミウム、マンガン、金、亜鉛など

・・・まれにアレルギーがでる

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど

・・・普通にはめったに出ない

と言われています。

特に日本人は、ニッケル、クロム、水銀などは無症状でも一般的にアレルギーになる率が高いと言われています。

歯科で扱う金属は安全か

歯科では多くの金属を扱います。被せ物、つめもの、差し歯に使う心棒etc・・・。

 

噛む」という行為には何十~百kg単位の力がかかるため、それに耐えうる材質というのはどうしても限られ、金属は壊れにくいという一点においては極めて優秀だからです。

 

自由診療では近年金属以外の材質でも多くの事が出来るようになってきましたが、保険診療で認められるものの多くは金属性です。
多くの歯科で扱う金属のうち、保険診療ではごく一部の認められたもののみが使用されています。

 

そして、その「保険で認められている」金属は「金銀パラジウム合金」通称「金パラ」、「アマルガム」(水銀の一種)、「コバルトクロム合金」などです。

 

それら以外の高価な金属は、ぜいたく品なため、保険では使用が認められていません。

 

金銀パラジウム合金」は、金や銀と名前につくので、高価なものに聞こえますが、実際には金はほんのわずかしか含まれておらず、70%以上が「パラジウム」です。このパラジウムは、腐蝕しやすく、また先述のとうり金属アレルギーを引き起こしやすい金属でもあります。

 

あとの30%のうちのほとんどがこれまた腐蝕、酸化しやすい「銀」です。

 

つまりは錆びたり腐食して劣化しやすいうえに、金属アレルギーも起こしやすい危険な金属です。

 

以下に示す写真をご覧ください。

歯科金属変化比較

3枚の写真とも同じ「金銀パラジウム合金」からなるる詰め物やかぶせ物です。

 

左端は最近作成した詰め物や芯棒、中央の写真は5年ほど前に作成しましたが、患者様が治療を中断してしまわれたため、お口の中に装着することなく、空気中でしまわれていたものです。

 

明らかに5年後の物が腐食して黒くなってきていることがお解りになられるかと思います。空気中で保存していただけでこのようになってしまうのですから、過酷な環境のお口の中ではもっと激しく変化してしまいます。

 

右端の写真は患者様のお口の中から治療中に取り外したものです。数年しか使っていないものもありますが、ご覧のとうり真っ黒です。

 

この他「アマルガム」は水銀ですし、「コバルトクロム合金」はコバルトもクロムもアレルギーの出やすい金属です。

 

国が認めた保険で使える金属が、なぜこんなに危険な物ばかりなのでしょうか?

 

それはこれらの金属が、保険制度が始まった戦後のものが無い時代に、割と安価に作れた金属だったからで、物価も流通も全く代わったこの21世紀においても、その頃と保険制度がほとんど変わっていないため、日本では未だにこの金属しか保険では選択できないのです。

 

ちなみに欧米の歯科先進国ではこれらの金属など危険な為もうほとんど使われていません

 

そして、お口の中は腕などの皮膚と違い、いろんなものを吸収しやすい粘膜なうえに、とても過酷な環境です。

 

酸性の物、アルカリ性のもの、いろんなものを人は口に入れますし、食事のたびにお口の中はアルカリ性⇒酸性⇒アルカリ性と変化します。そして常に湿っています。

 

このような環境のなかに、ただでさえ溶けやすかったり、アレルギーを起こしやすい金属を入れたらどのような危険があるかは説明するまでもないでしょう。

 

口の中ではそれら口腔内のイオンの変化だけでなく、

・バクテリアによる微生物腐食

・噛み砕きや歯磨きによる擦過からなる腐食

・噛む力による応力腐食

・口の中に詰めた違う種類の金属同士が当たる事で電気が流れる(銀紙を噛んでしまったときなどにも起こる)カルバニ電流

等からも金属を腐食させたり、溶出する作用が起こります。

金属アレルギーを予防するには

皮膚にアクセサリーをつける事や、金属製の物を持つことによるアレルギーのリスクは、それをやめることでアレルギーになりづらくすることも、仮になってしまっても症状を出さないようにすることも可能かもしれません。

 

しかし、お口の中に一回入れてしまった金属は、歯医者などでそれを外さない限り常にアレルギーを引き起こすリスクを背負い続けることになります。

 

また、アレルギーを発症してしまった場合、外さない限りずっとその症状は続きます

 

先述の掌蹠膿疱症の患者様などは、原因不明の手足の水泡で悩まれ、皮膚科を受診しても治らず、もしかしたらとその先生に歯科の受信を紹介され、外してみたらよくなったという例も多いです。私自身も何例もそのような患者様を診ています。

 

金属アレルギーを予防するには、

汗をかきやすい夏などは、金属が溶出しやすいのであまり金属製のアクセサリーなどは着けない

・口腔内に入っている金属のうち、保険の物など、アレルギーのリスクが高い物は金属以外のセラミックなど、アレルギーのリスクの低い物と置き換える

・今後の歯科治療では、アレルギーの出やすい金属は選択しない

などが有効です。

 

また食物内にも金属が含まれていて、これらも金属アレルギーの原因となる事があります。

 

一例として、チョコレートやコーヒーにはニッケルが含まれていますが、ニッケルは先述のとおりアレルギーを起こしやすい金属です。

チョコやコーヒーも金属アレルギーの原因に

金属アレルギーが疑われたら

金属アレルギーは、なってしまったからと言ってすべての金属でアレルギー反応を起こしてしまうわけではありません。

 

原因となっている金属が判れば、それを取り除くことで症状は治まります。(その後にまた他の金属でアレルギー症状を起こす事はあります。)

 

当医院では、提携している病院にて、金属アレルギーのパッチテストを行えます。これにより、可能性の高い10種類以上の金属のテストを行い、アレルギーの原因が特定された場合、それらの金属を選択して除去します。

 

特にアレルギーが特定されない場合、緊急性は低いことが判ります。(その後新たにアレルギーとなる事はあります)

 

金属アレルギーが心配な方、金属アレルギーのような思い当たる症状がある方はお気軽にお申し付けください。

 

当医院での治療前に、提携病院に紹介状をお書きし、パッチテストを行っていただいた後に、ご自身のアレルギー物質ではない材質の中から選択し、ご相談の上で治療を始めさせていただくことが出来ます。

 

もちろん、将来の金属アレルギーのリスクを考え、初めからメタルフリーの材質のみ用いた安全な治療を選択して頂くことも可能です。

このページの一番上に戻る