ラミネートべニア治療

上顎の前歯は最も人目に触れる機会の多い歯です。笑顔の印象にも大きくかかわるため、見え方を気にされている方も多い歯ではないでしょうか。

前歯をきれいにする方法はその患者様の状態によっていろいろな方法があります。

  1. 前歯の傾きが気になる方・・・「マウスピース矯正
  2. 前歯についた着色が気になる方・・・歯のエステ「PMTC
  3. 前歯を白くしたい方・・・「ホワイトニング
  4. がそれぞれお勧めです。

ですが、歯表面に縞模様がある方、グレー系統の歯の色の方、すでにプラスチックなどで詰め物をされていらっしゃる方、もともとの歯が小さく(矮小歯)はホワイトニングや歯のエステ(PMTC)ではご希望の美しさや見た目、白さが得られないケースがあります。

そのような時、従来の治療では、白い色をしたかぶせ物(クラウン)をかぶせることが多いですが、この場合の欠点として、自身の歯を全周にわたり大きく削ってしまわなければならないことが多く、場合によってはそのために歯の神経をとらなくてはならない場合もあります。

そのようなケースに最適な治療が「ラミネートべニアテクニック」です。

ラミネートべニア治療の術式
ラミネートべニアの流れ

 ラミネートべニアテクニックとは、歯の表面(前面~側面まで)を必要最小限にほんの1層(エナメル質の範囲内で)だけ歯を削り、薄いセラミックの付け爪のようなもの(ラミネートべニア)を貼り付けることで、歯の形状、色を美しく整える治療法です。

 従来であれば大きく削ったり、神経を取らなくてはならないことがあった被せ物(クラウン)を用いた治療法に比べ、歯へのダメージも少なく、より大きく自分の歯を残るのがメリットです。

新枝歯科医院では、患者様の歯の状態、気になっているところを伺い、ご希望の形態や色を可能な限り再現する完全オーダーメードのラミネートべニア治療を行っています。

 

ラミネートべニアをお勧めする方

ラミネートべニアテクニックは、特に以下のような方にお勧めの治療法です。

ラミネートべニアの適応

  1. ①歯のわずかな傾きと、形態と白さを同時に治したい方
  2. ②生えてきた時から歯に縞模様がある(テトラサイクリン歯など)
  3. ③歯の色がグレー系の方(ホワイトニングではあまりきれいになりにくいため)
  4. ④生えてきた時から歯が小さい(矮小歯)
  5. ⑤小さいプラスチックがいくつも入っている方や大きいプラスチックが入っている方(ホワイトニングではプラスチックをは白くならないため)
  6. ⑥歯の形態が気に入らない (もっと丸い歯がいい、角がある歯がいいなど)
  7. ⑦上の前歯だけバランスを整えたい
  8. ⑧前歯の虫歯をしっかり治したい(保険で行うプラスチック治療では後々再感染のリスクと、将来の変色のデメリットがあるため)

ラミネートべニアがお勧めできない方

以下のような方にはラミネートべニアテクニックはお勧めできません。

  1. ①下の前歯の突き上げ(当たり)が強い方(噛むたびに衝撃がかかり壊れます)
  2. ②歯の神経をとっている方(歯自体の強度が落ちているため、補強できるかぶせ物をお勧めします)
  3. ③未治療の生活歯で、虫歯・形態に問題がなく、縞模様がない方で、色を白くしたい方(ホワイトニングがお勧めです。)

この他、かみ合わせに大きな問題のある方、歯周病の強い方はできないことがあります。

新枝歯科医院のこだわり

 新枝歯科医院では、他ではあまりない多くのこだわりをもって、完全オーダーメイドのラミネートべニアテクニック治療を行っております。

 通常の歯科医院で行われているラミネートべニアでは、歯科医師が歯を削って型どりしたものを、大体の色や形を見てそれを指示書に文章などでかき込み、技工所に注文して作成する流れで作成されます。
しかし、実際に作成する技工士さんは、患者様のお口の中を見ることはなく、形や色などのニーズを直接聴くこともありません。患者様のご希望の微妙なニュアンスを歯科医師の口や文章からの又聞きで完全に理解する事は難しく、思った通りのものができるかはわかりません。

 そこで、新枝歯科医院では、経験豊富な審美歯科専門の技工士さんが歯を削るときに実際に立会い、患者様のご希望の聞き取り、お口の中も一緒に拝見してから、技工所に帰って作成を行っていただくという、歯科医師&歯科技工士(&歯科衛生士)のチーム医療による完全オーダーメイドのラミネートべニア治療を行っております。

さらに、その技工士さんに事前に、出来るだけ必要最低限な量以上歯を削らなくていいようにするための、オーダーメードの器具(歯の削除量を目で見ながら削っていけるようにする器具)も作成してもらうようにしています。

新枝歯科医院のこだわり1&2

こうすることにより、患者様の歯は可能な限り削らずに済み、作成する技工士が色合わせ、形態決定の段階で同席しているため、患者様のご希望を生で聞くことができ、より患者様の理想に近いものが作成できます。

また、ラミネートべニアは薄く、半透明でわずかに透けるセラミック製の技工物のため、外で見た時と、実際にお口の中で歯に取り付けて見た時で感じが変わることがよくあります。

特にご自身の歯の色が濃い黄色や、グレー系の色であったり、縞模様がある場合、下地がぞのまま透けるようにしていると、作成したラミネートべニアの色が大きく変わりかねません。

歯にくっつけた時に患者様のご希望の見た目になっていただくため、新枝歯科医院では、技工士さんに特注で患者様の「削られた後の患者様の歯の色」を再現した道具を作っていただき、ラミネートべニアをその上に乗せながら作成することで、実際にお口に入った後でどのように見えるかを事前に再現します。

新枝歯科医院のこだわり3


※新枝歯科医院では、香川県下で審美歯科やインプラントの難しい補綴物の作成を専門に行っているArt&Sucuience社の社長兼No.1技工士の植村修作氏とタッグを組んでオーダーメイドラミネートべニア治療を行っております。

アート&サイエンス社

 

ラミネートべニアの注意事項

装着後は普通に歯磨き、フロスなどのお掃除が可能です。歯のラミネートべニアを貼り付けていない部分はご自身の歯ですので、しっかりとケアしてください。

ラミネートべニアを装着した歯であまり固いものをかみちぎるのはお避け下さい。

下顎の歯が強く当たる方は夜間のマウスピース(ナイトガード)の装着をお勧めします。
ラミネートべニア治療は自由診療となります。

治療費用 : ¥110,000&tax
(※ラミネートべニア作成料、装着料、最小限形成する為の器具作成料、技工士招聘料、立ち合い色合わせ料込みのお値段です。)