ノンクラスプデンチャー歯を失ってしまい、部分入れ歯を勧められた患者様や、今すでに部分入れ歯をされている患者様は、皆さま一様に悲しそうな顔をされながら、

部分床義歯の悩み

 

というお悩みを口にされます。

部分入れ歯の構造上、どうしてもお口の中に入れ歯を固定する為にひっかけ(クラスプと言います)が必要になりますが、一般の義歯ではどうしてもこれが金属製となってしまい、銀色の為お口の中で目立ってしまいます。

 

部分床義歯の構造

 

当医院でお勧めする「ノンクラスプデンチャー」は、お口の中で使用できる生体に無害な特殊素材を利用することで、この「クラスプ」を金属を使わずに作成することができ、お口の中に入れても目立たないようにできます。

 

ぺリオデンチャーとは

 

また、オプションとして、内側に補強の金属を入れたり、痛みの出やすい方に、内面に生体シリコーン膜を張ることも可能です。

オプション