新枝歯科医院
ご予約・ご相談はお気楽に TEL 087-847-2118 はやくよくなる にいえだいい歯 今すぐ電話!!このボタンをタップしてください

歯周病保護義歯部分入れ歯をつける際、どうしても残っている歯に負担がかかってしまいます。健全な歯でもひっかけとなる金具(クラスプ)にかかる力や、また取り外しの時にかかる力で少しづつダメージを受けてしまいます。

また、歯周病で揺れ始めた歯にはそれらの力はとどめとなってしまう恐れもあります。

歯周棒の方の入れ歯の悩み

 

九州歯科大学の歯周病科の名誉教授であられる横田先生はその40年に及ぶ研究と膨大な臨床結果から、7番目の歯が歯周病のほとんどの問題を、包含していることを明らかにしました。横田教授

 

7番問題

この7番目の歯は、失うと全ての咬合力の半分が失われるのです。この歯がぐらぐらする事や、失われてしまったことを放置すると、噛む力の低下だけにとどまらず、残っている歯の負担増による破壊や、咬合の崩壊を招くことがわかったそうです。

さらに、ひとつ前の6番目の歯は全体の咬合力の3割を担っているとのことで、6番目と7番目を両方失うと、咬合力の8割が失われることになるのです。7番が失われ各歯への咬合力の負担が増すと歯周組織は弱り、歯周病はさらに進行します。

当医院でお勧めする「歯周病保護入れ歯」は、一般的なひっかけ(クラスプ)を使用せず、代わりに歯の周囲から歯ぐきごと義歯で覆う事により、ぐらぐらする歯を固定したり、この入れ歯をいれて噛んだ時の負担で歯が揺らされることを防ぎます

 

歯周病保護入れ歯

 

入れ歯の機能」を持ちながら、「歯周病用のマウスピース機能」も備えた特殊義歯です。

歯周保護義歯

 

歯周保護装置

特に、虫歯、歯周病等で奥歯を失われた方にお勧めです。