インプラント義歯

歯を失ってしまった方は、何らかの方法でその機能と見た目を補わなくてはなりません。

しかし、現時点の医療では本物の歯を再生することはできず、基本的には

・周囲の歯を大きく削って被せ物をするブリッジ

・他の歯にひっかけをつけて支え、歯ぐきにも支えてもらう入れ歯

・骨にネジを埋めることで、直接骨で支えられるインプラント

の3択となってしまいます。

各補綴のメリットデメリット

しかし現実には、多くの方が

歯のない悩み

といったような悩みを抱えられることが多いようです。

一つ目と二つ目の「取り外しが嫌だ」、「隣の歯を削るのが嫌だ」というお悩みには「インプラント治療」が適しているかと思われます。

インプラント治療は周囲の歯を削ることも、取り外しをしない固定式の歯を作ることも可能です。(⇒詳しくは「インプラント治療」

 

しかし他の治療に比べ、費用がどうしても掛かってしまう事が多いことがしばしば問題となります。

特に「下顎で、すべての歯を失ってしまい、入れ歯は痛くて嫌だが、そんなにたくさんのインプラントを入れるほどには費用が出せない」といった方には、2本程度だけインプラントを埋入し、入れ歯の支えにしてあげる治療がお勧めです。

インプラント上義歯の模式図

この治療法は、「取り外し式の入れ歯」にはなりますが、インプラントが支えになる事で高い満足度が得られることが判っています。

 

2002年にカナダのMcGill大学で15人の学者や先生が集まって議論された際、この治療法が下顎に歯がない患者様の治療法の第一選択となる事が結論付けられています。

マクギルコンセンサス

この治療法ではインプラントの費用も2本分程度で抑えられます。その他、インプラントを絡めた義歯にはたくさんのオプションがございます。ご興味のある方は当医院院長にお尋ねください。

(上顎は骨が柔らかく、たわむため適応ではありません)